ミュージカル『ビリー・エリオット~リトルダンサー~』を観てきました。日本版です。
 (Click!) 
赤坂ACTシアターにて、母と。
7月にも編集者さんに誘われて行ったので、今回で二回目です。
ロンドン版、映画版がとても評判がいいのは知ってたんだけど、なんとなくこれまで観ないままで来てしまって。
でも日本版で初めて観たら、かなりの強さで一気に心を持って行かれました! 
すばらしい作品! 誘ってくれた編集者さんに感謝です。
Img_0a8b13d90b191fdbcb6b6f1a0e3021bc
舞台は1984年のイングランド北部の炭鉱の町。男性はみんな炭鉱夫になるような町だけど、時の首相のサッチャーの経済政策により炭鉱は閉鎖に追い込まれていて、炭鉱夫たちはストライキに突入。
そんな中、お父さんもお兄さんも炭鉱夫という環境の12歳の少年ビリーはバレエに出会い、「自分はこれがやりたい!」と思うように。
しかし、バレエなんて女のするもんだ! 町がこんな時にそんなお金のかかること! と、周囲の大人からは理解が得られなくて…
というようなストーリー。

子供と大人、変わり行くものと守り続けたいもの、都会と田舎、芸術と労働、など。
相反する二つのものに対し、どちらが良でどちらが否、というのではなく、平等に愛情と敬意を注いでいると思える脚本がとてもよかったです。
思春期の子供の葛藤と成長を見て、不完全な大人たちもまた成長していくという、少年少女ものの王道なのもよい。
キャストの「芸」もすごいです! 子役からここまでのパワーをもらえるなんて!
音楽はエルトン・ジョン。こちらもよかった。これまで自分がエルトン・ジョンの音楽が好きという意識はなかったんだけど、このミュージカルにおける楽曲はとても好みでした。
ミュージカルっていうと、クラシカルで優雅なイメージが強い人も多いようですが、最近は現代ミュージシャンのロック、ポップ調のものもとても多いです。そして私は、どちらかというとそちらの方が好み。

作中では炭鉱夫たちから、絶対悪のような扱いを受けている、首相のマーガレット・サッチャー。
私は79年生まれなので、私にとっての一番最初のイギリスの首相が彼女ですね。
我が家もそうでしたが、共働き世帯が増え始めた時代だったので、周囲の働く大人の女性たちは、「鉄の女」の異名を持つサッチャーに、多かれ少なかれ憧れを抱いていたように思う。
でも、切り開こうとした人だから、切り捨てようとした人でもあって、彼女を悪として恨んでいる人もいるのですよね。
数年前に亡くなった時、ニュースでサッチャー否定派の人たちが、ミュージカル映画『オズの魔法使』の楽曲の「Ding-Dong! The Witch is Dead」を集まって歌っていたのを見たのですが、これにもすごく感じるものがありました。
竜巻で飛ばされたドロシーの家がオズの国で小人を支配していた魔女の家に落ちて、小人たちが「わーい! 魔女が死んだ!」とドロシーにお礼を言う歌なのです。
それこそどちらが正しくて間違っているとかではないけど、日本は亡くなった人に石を投げるということをしない国なので、「そ、そうか、魔女なのか…」と衝撃でした。

そんな風に、自分が子供だった頃のよその国の空気を感じられる、という意味でも、私にとってすごく触れてよかった作品だったなあと思う。
自身の幼少期が「時代」として描かれて、良質な作品として後世に残っていくのだから、現代エンタメ作家の私も、自分が感じてる「今」をどんどん描けばいいのですよね、描くのがいいんだよね、と思えました。
Img_3c531a3d9ce695741f8fd7451568fe39
写真はカーテンコール後の、ビリー役とマイケル役の子役さんたちのトークショーでの一コマ。
撮影OKだったのですよー。作中のビリージャンプを披露してくれました。携帯カメラ撮影にしては、躍動感がちゃんと撮れたと思う!
広島旅行に行ってきました。

なので、今週のおやつはもっぱら、もみじまんじゅう。
Img_0cb63faaba086e426beba3add0e7d19d
シェアオフィスのお友達と、半分こにして食べ比べしたりもしています。

広島は、高校の修学旅行でも行ったのですが、20年の間にもみじまんじゅうのバリエーションが増えたのかな。
変わり種の具がたくさんあって、面白くて見かける度に買ってました。

Img_869e2b997083ffbfa2ab906271c81b83
Img_e172fb2a1f514d84dd24f433e2178cf6
Img_c70771a0b86dd08c3908bed4ba19814d
チーズクリームに、レモンにいちごジャム。カスタードクリームなんてのは、もはや変わり種でもないんだろうなあ。
宮島で買って現地で食べたものの中には、塩バターなんてのもありました。
宮島とモンサンミッシェルが、共に海に浮かぶ世界遺産なことから友好都市なんだそうで、モンサンミッシェルの塩を使用してるとのことでしたよ。

しかし、広島市内で買った、もみじまんじゅうの種類が描かれている絵ハガキによると、レーズンやらアーモンドやら、もち(!)やら、まだまだ私が好きそうで、今回は巡り会えなかった変わり種がたくさんあるよう。
生地も竹炭とかコーティングチョコとか、黒いものもあるのですねー。
いつかコンプリートしたいですわ。

Img_1c823cdb915b5b0cb1215bb6d780d4b4
販売店の中には、こんな風に製造過程を見せてくれるところもありました。
ガラス越しの写真なので、反射したりして見づらいですが。
Img_0e3396e446c91c3d2f2573c40e5183e4
Img_baf9abdee06796cc215bff5f2ccc8780
工場見学、面白いですよねー。
うちは夫が食品工場を作る仕事をしているので、こういうお店があると必ず足を止めて、長時間見学します。
お店の人からしたら、大の大人がしげしげと、時にニヤニヤしながら眺めている図は、不思議で不気味だろうなあ…。

そう言えば、広島ってもみじまんじゅうが名物なからには、紅葉が多いんですよね?
食べるばっかりで、紅葉鑑賞を全然しなかったな。紅葉の時期ではなかったとはいえ。

また行くことがあったら、今度は紅葉時期に!
紅葉ももみじまんじゅうも堪能します!
グリムとアンデルセンの講義を聴きに行ってきました。
横浜の弘明寺の、クーベルチップという絵本屋さんにて。
講師は、ドイツ文学者の天沼春樹先生です。

クーベルチップさんは、最近とてもお気に入りの絵本屋さんです。
世界各国の色んな絵本が置いてあり、小さくてかわいらしく、とても居心地のいい空間です。
弘明寺商店街から少し脇に逸れた川沿いにあり、ロケーションもよいです。

Img_4c965ded086295a7cc86fcf3da8598b8
ご興味ある方は、ぜひ行ってみてください。
 (Click!) 

天沼先生は、仲良しのくまあやこさんの、大学時代の先生です。
数年前にもくまさんに誘ってもらい、天沼先生の講義を聴きに行きまして、以来、元々好きではあったけど、グリムとアンデルセンブームがずっと続いている私。
今回のお話も、とても面白かったです。
物語において、「物」が意志を持って喋ったりする手法は、アンデルセンが最初とか、
グリムのヤーコプ(兄)は、ドイツ統一の時に国民議会の議員に選ばれて、リンカーンより早く奴隷解放を唱えていたとか。

天沼先生の訳の、アンデルセン童話全集も買いそろえたのですよ。
絵は、くまさんも大ファンだという、ドゥシャン・カーライ。
すごくすごく美しい本です。
Img_ae431550303f3f69ff19dabca3bcf5f2
これまでにも何度か宣伝してますが、童話と言えば私、ポプラ社から出ているアンソロジー『リアルプリンセス』にて、「おどる12人のおひめさま」の現代アレンジ短編を書いています。
こちらはグリム童話ですね。すごく書くのが楽しかった著作です。こちらもご興味ある方は、ぜひ手に取ってみてください。
Img_ba040b89ec6e25b5bc3e74527f616e43
ほか童話では、「ひつじ飼いの娘と煙突掃除」(アンデルセン)や、「腕きき四兄弟」(グリム)なんかを、現代アレンジして書いてみたいなあ。
誰もが知ってるおひめさまの話も、ちょっと緊張するけどやってみたい。
童話で夢がふくらみますね~
『十歳までに読んだ本』が、ポプラ社から発売になっています。
作家、女優、映画監督など、さまざまな人が「十歳までに読んだ本」について語っているエッセイ集です。
私も参加しています。よろしくお願いします。

Img_5a47d15185b6e2c8eaabea7b5fc92a98
私は『せかいいちゆうめいなフレッド」という本について書きました。
飼っていた猫が死んじゃってから、家の猫は世界一有名だったのか! と知るお話。
深いテーマを軽妙に描いていて、今読み返しても、センスのいい本だなあと思います。

他の方が取り上げている本に、「私もこれ好きだった!」「面白そう。読んでみたい!」となるのも楽しいです。
『十歳までに読んだ本』、ぜひ手に取ってみてください。

話はがらっと変わりまして、先週末に横浜の大さん橋エリアで「海博」というイベントをやっていたので、ちょこっと覗いてきました。
お目当ては、こちら。日本郵船の自動車専用船!

Img_a5dd73daf2294d73a341e9bc4d6f65bb
Img_142ed4d06c2bbcbb30a044eaa0673611
大きい! カッコいい! なんて勇壮な佇まいでしょう。
「働く船」の誇りを身に纏っているようでした。

申し込んでおけば中の見学もできたようなんだけど、今回は気付いた時にはもう締め切っていて、残念でした。
次の機会にはぜひ中も見たい!
船が好きで、どんな船が着岸するのか、大さん橋の情報をチェックしては、ときどき見に行っています。

海博のポスターイラストは、トリスおじさんの絵で有名な柳原良平さんでした。
それはそれはすごい数の、横浜の船の絵を描かれています。
数年前まで、ここに柳原さんが座って絵を描いていたかもしれないな~なんて考えながら、横浜港を散歩するのが好きです。

横浜銘菓、ありあけの横濱ハーバーのパッケージも、柳原さんのイラストですね。
明日から少しだけ帰郷するので、あちらで会う人へのお土産に買いました。
みなとみらいと馬車道版のパッケージ。すてき。
Img_44535da7ccd765a3d6e9bb8112515e71
HPの更新をしばらくしていませんでした。すみません。
もし体調の心配をしてくださっていた方がいらっしゃったら、ごめんなさい。
決して病気ではないのですが、ちょっとウダウダする日々が続いていて、サボっちゃってました。
だいぶ良くなってきたので、またゆるゆる更新していくつもりです。
お付き合いくださいませ。

サボっている間に、新刊が出ていました。
角川文庫から、『砂に泳ぐ彼女』。よろしくお願いします。
単行本『砂に泳ぐ』の文庫版です。改題しました。


Img_fd318053fc543a16e22536702a8426b6
表紙絵は、同じく角川文庫の『タイニー・タイニー・ハッピー』『アシンメトリー』に続いて、漫画家の渡辺ペコさんが描いてくださいました。
『砂に泳ぐ彼女』は、写真を志す主人公「紗耶加」の10年の物語なのですが、渡辺ペコさんのこの表紙絵は、紗耶加の10年を一枚の絵で表現してくださっていて、感嘆と共に感激でした。

解説は、コラムニストの河崎環さんが書いてくださいました。
河崎さんとは、横浜のシェアオフィスでご一緒している仲です。
小説とコラムというジャンルの違いはあれど、同じく文章書きとして、これまでにも色々交流をさせて頂いていました。
そんな折り、河崎さんの著書『女の生き様は顔に出る』を拝読し、「あ、これは『砂に泳ぐ』で私が書きたかったことに通じる!」と思い、解説をお願いしたところ、快諾してくださって、実現しました。
「そうそう、そういうことが書きたかったんです!」ということを、河崎さんの快活で鋭敏な文章で綴っていただき、嬉しかったです。

お二人に感謝申し上げます。

どうぞみなさん、『砂に泳ぐ彼女』を、よろしくお願いします。

またプライベートのことなども書いていこうと思いますが、今日は新刊の告知のみで。