とても久しぶりに、ここの日記を更新します。
ほぼ一年、更新していませんでした。もし時々見に来てくださっていた方、楽しみにしてくださってる方がいらっしゃったら、長いこと放置していてすみませんでした。
仕事関係の皆さま、長い間連絡が滞りまして申し訳ありませんでした。

一年間、何をしていかというと、出産して育児をしていました。
最後の更新は去年の12月半ば、新刊発売の際でしたね。この時、臨月に入ったところでした。
内視鏡で一回、開腹で一回と、過去に二度の子宮の手術をしているので、年が明けてお正月気分が落ち着いた頃に、予定帝王切開にて出産。
産休も育休もないフリーランスの身ゆえ、産後はできるだけ早く仕事復帰するつもりで、4月から認可外保育園の入園も決めていたので、その頃から様子を見ながらゆるゆる仕事を再開させるつもりでいました。

が、予想外のことが起きて、なかなか復帰がかないませんでした。
もちろん生命体一つ産み落として育てるのだから、育児書に書いてある通りになんていくわけない、予想外のことなんて沢山起こるに決まっている、なんてことは十分に踏まえていたつもりだったのですが。
それをも超える、曲がりなりにも小説家ですので、想像力を紡ぐことは得意なはずなのですが、それでもこれは想像の範囲外だったわ、という出来事でした。
「生きるということは、平和ではいられないということ」とは、人生の節目節目でいつも思い出すスナフキンの言葉ですが、本当にそう。
良い方にも悪い方にも、生きるということは、どうやら平和ではないようです。

産まれた子供は、生後9か月まで医療的ケア児でした。
産後3日で生命に関わる問題が起き、NICUに入院。治療により命に別状はなかったけれど、元の問題が解決する兆しがまったく見えず、生後1週間から医療的ケアを開始しました。
無知を恥じていますが、自分の子供がそうなるまで、「医療的ケア児」という言葉も知らなかったです。

「医療的ケア児」とは、生活において医療的介助を必要とする子ども、とのこと。
我が子は生後1か月でNICUを退院しましたが、その頃はまだ医療的ケアを卒業できる見込みはまったくなく、退院後は私と夫で自宅や保育園で医療的介助を行っていました。
医療従事者以外で介助をできるのは、家族のみ。(研修を受けた、など、特例もあるようです)
自身で認識している「私」という人間の特徴のかなり上位の方に、「不器用」と「怖がり」があるのですが、不器用で怖がりなので医療行為なんてできません、という状況ではありませんでした。
NICUの医師や看護師さんから繰り返し教わった手技を、9か月間毎日、その時になると全神経を集中させて、産まれたばかりの我が子に注ぎ込んでいました。
先天性の疾患や障害、大きな病気がたくさん疑われ、生後4か月頃までは、医療的ケアに加えて、検査を受けるために複数の病院に通い続ける日々でした。

あくまで現時点での結果ですが、病気や障害は見つからず。そして生後9か月のある日突然、医療的ケアから卒業できました。
一体なぜ我が子が医療的ケアが必要な状態になったのか、なぜ突然終われたのか、もうすぐ生後11か月になる現在も未だわかりません。
問題が起こってからこれまで、それぞれ専門科が異なる複数の医師の診察を受け続けてきましたが、どの医師にも共通して言われたこと。
「赤ちゃんには、わからないことが沢山あるんです」
赤ちゃんに限定せず、人間には、と言った方もいました。
こんなにも医療が発達した現代においても尚、と何だか腑に落ちない気持ちと、そうですよね、だって生き物なんだから、と妙に納得している気持ちと、今はない交ぜです。

この日記を書くにあたり、当初は我が子にどういう問題が起こったのか、どういったケアをしていたのかなど、詳しく書くつもりでいました。
私も夫もケア実施中は、同じく医療的ケア児の介助をしている方のブログや記事などに随分助けられましたし、後に続きたいという思いがあります。
名前を出して表現物を世に放つことを仕事にしている私だから、役に立てることもあるんじゃないかと思っています。
けれど、私はまだまだ医療的ケア児について、知識も理解も勉強も足りません。
そんな現在の状態で、著作物と違ってプロの編集も校正も入らないここで詳しく語ると、こういう仕事をしているからこそ、誰かを傷つけてしまうことがあるかもしれない。
そう思い直し、夫とよく話し合った末、現時点ではここには「医療的ケア児でした」とのみ書くことに決めました。

ですが、先に書いたように、私が経験を語ることで、今後同じく医療的ケア児を抱える人の役に立てることがあるかもしれない、役に立ちたいという思いが強くあります。
決して閲覧数の多いサイトではないですが、出版関係の方やメディア関係の方など。もしこの日記が目に留まって、興味を持ってくださったら、ぜひ取材の依頼をくださいませ。
然るべき場所で、私と夫の思いと違わない趣旨のものでしたら、積極的に今回の経験を語りたいと思っています。
この件に関しての、窓口はこちら。
chisalatte@dau.petit.cc
大変申し訳ありませんが、上記アドレスで通常の仕事、小説やコラムの依頼の受付は承れません。
そちらについてはお手数ですが、著作を出している出版社を通してご依頼くださいませ。

話は変わるようですが、『CATS』の東京公演が始まったので、早速観に行ってきました。
ここの日記でも何度も何度も何度も書いていますが、この作品は素晴らしいという思いが初見から20年以上経ってもまったく色あせない、私にとってこの世界で最良で最高のエンターテインメントです。
今回は、猫たちに我が子の姿を重ねて見てしまった。
四つ這いで部屋中を動き回り、物音がしたらびくっと身構え、動くもの光るものに夢中で向かっていく現在の我が子の姿は、CATSの猫たちそのものでした。
きっと我が子も満月の夜に集う猫たちのように、大いなる心を持って、誇り高く強く、何物をも怖れず、暗闇の中に生まれてきたのでしょう。

けれど、既に掴まり立ちに伝い歩きも始めた我が子は、もうすぐに尊い四つ足動物ではなくなって、二足歩行で人間として、俗世間に足を踏み入れるのだと思います。
ずっと猫のように尊いままでいて欲しかった気もしますが、人間の俗を書くことを生きる術としている私が、彼がこちらにやって来ることを、否定できるはずもありません。
こちらにやって来るからには、もうどっぷりと俗に浸かって、くだらないことで笑って泣いて、躓いて怯えて絶望して、でもその都度立ち上がって、ときどき世界の美しさに心を震わせたり、やさしさに包まれて涙したりして欲しい。
そして全力で、生まれてきたその孤独を生き抜いて欲しい。

生まれた子の性別は、男性でした。きっと夫に似て、静かに熱く、強い男になってくれると思う。
それなりの数の物語をこれまで生み出してきましたし、これからも生み出すつもりですが、絶対に自分の思い通りにならない物語を一つ生み出せたことを、誇りに思います。

予定よりもかなり遅れてしまいましたが、体調等見ながら仕事復帰していくつもりです。
ここの日記も、また気まぐれに更新していきたいと思います。

今後も、小説家、飛鳥井千砂に注目していただけたら嬉しいです。

新刊が発売になりました。

『そのバケツでは水がくめない』 祥伝社から。
Img_a4d9cef971a09c2e36647ab6b103d635
文庫は出していたけれど、単行本の新刊、つまり新作は本当に久しぶりです。
待っていてくださった方がいると信じて。お待たせしてすみませんでした。
久々になってしまっただけあり、やはり新しい本が出るのは嬉しいなあと、幸せを噛みしめております。

とても綺麗な装丁にして頂きました。
装丁は須田杏奈さん。装画は安楽岡美穂さん。どうもありがとうございました。
毎度本が出る時に思うことですが、私の頭の中の世界を、こんなにも的確に表現してくださって、装丁家さん、画家さんってすごいなあ。
青い羽根に白いワンピース、可憐な女性。すべて魅力的なんだけど、どことなく漂っているこの不穏な空気はなんだろう? は、ぜひ読んで頂けたらと思います。
あらすじなどは、こちらで。
www.s-book.net/plsql/slib_detail?isbn=9784396635381

年の瀬も近付いてきていますね。
去年に引き続き、生と死について、深く潜って考えをあれこれめぐらす冬を過ごしています。
私の小説はよく、「何も起こらない」「普通の人たちばかり」などと評されます。
意識的にそうしているところもあるし、自分がそういう物語の書き手だということには、それなりに誇りも持っていますが、
ときどき現実世界の方が、よほど何か起こっているし、普通ではない(かもしれない)人たちに出会っているかもしれないなあ、なんて考えます。

でも、現実世界は何も起こらず普通の人たちばかりで、物語の世界は何かが起こって普通でない人たちばかり、じゃなければならないなんてことはないわけで、
それなら逆も然り。時に逆だと感じることも、ごく自然なことなんだろうと思います。
何が言いたいのか自分でもよくわかりませんが、私の生きる現実世界と、私が描く物語の世界は、別のもののようで、でもどこかで同じである。
常にそんな感覚で書いています。
これからも、どちらにも一生懸命で全力でいたい。います。

新刊、どうぞよろしくお願いします
Img_64ceaec08887c9264654987dfb7714fc
友達と、箱根ポーラ美術館に行ってきました。
「ピカソとシャガール」展を見てきましたよ。
初めて行きましたが、いい美術館ですね。
山の深い緑に、ガラス張りの建物がよく映えてました。
お天気もいい日だったので、きれいでした。
Img_6cc621b1b45190fc7224e59930de152d
Img_46db87beb9b5978c3ec7249a0915abc1
遊歩道もあり、散歩もしてきました。
そこら辺の切り株に、スナフキンがちょこんと座ってても驚かない雰囲気。
まだまだ横浜は暑い日でしたが、さすが山の中は涼しくて気持ちがよかったです。
Img_7fb40ea1e231b74ef273d70b24f09e8a
遊歩道もあり、散歩もしてきました。
そこら辺の切り株に、スナフキンがちょこんと座ってても驚かない雰囲気。
まだまだ横浜は暑い日でしたが、さすが山の中は涼しくて気持ちがよかったです。

観に行っておいてなんだけど、ピカソもシャガールも、実はそんなに好き! ってわけではなく。
でも今回の展示を見て、シャガールはちょっといいなあと思えたかな。
昔は、なんだかやたら空に変な生き物が飛んでる絵が多く気味が悪い…ぐらいに思ってたんですけど、よくよく見ると、その空を飛んでる変な生き物たちが、愛らしいというか、けっこう可愛かったです。
よく使われている、青? 蒼? 藍? とにかくシャガールと言えばという印象の、あの青系の色も好みでした。
芸術は作品のみを受け取るのがいいんだとは思いますが、解説にあったシャガールの人生を追いながら作品を観ると、戦時下の厳しい現実を生きながら、寓話的な絵を描き続けたことに、いろいろと感じるものがありました。
パリには何度か行ってるのですが、オペラ座に行ったことがないので、シャガールの天井画も観てないのですよね。いつか現地でこちらにも触れたいです。

ピカソはねえ、嫌いなわけではないのですよ、決して。
でも作風も多岐にわたっているし、シュールなものも多いし、別にきっちり「理解」する必要はない、味わえばいいんだよ、とは思いながらも、美術素人にはやっぱり難しいという印象でした、まだ。
ポーラ美術館、所蔵がすごく充実してるんですね! 「ピカソとシャガール」の企画展示が終わったら、常設展示場所にモネやルノワールが現われましてね。
素直に、ああ美しいね、ああ上品な色合いね、と思えるモネやルノワールを観たら、なんだかホッとしちゃって。
と思っていたら、一緒に行った三人の友達が、全員まったく同じことを言ったので、笑っちゃった。

Img_a74d56fcb7dfbada29bcfcce38d68f9a
(撮影OKなエリアでした)

箱根から下山した後は、小田原在住の友達のお勧めで、うな重を。
ふわっふわで、おいしかった! ウナギの箸置きもかわいい。
目もお腹も満たされた、夏の終わりのいい1日になりました。

Img_e9ad4cc5372c68b1d23f1086bef882f8
Img_c4ee06c100c79e6e0e5104ef96002a26
ミュージカル『ビリー・エリオット~リトルダンサー~』を観てきました。日本版です。
 (Click!) 
赤坂ACTシアターにて、母と。
7月にも編集者さんに誘われて行ったので、今回で二回目です。
ロンドン版、映画版がとても評判がいいのは知ってたんだけど、なんとなくこれまで観ないままで来てしまって。
でも日本版で初めて観たら、かなりの強さで一気に心を持って行かれました! 
すばらしい作品! 誘ってくれた編集者さんに感謝です。
Img_0a8b13d90b191fdbcb6b6f1a0e3021bc
舞台は1984年のイングランド北部の炭鉱の町。男性はみんな炭鉱夫になるような町だけど、時の首相のサッチャーの経済政策により炭鉱は閉鎖に追い込まれていて、炭鉱夫たちはストライキに突入。
そんな中、お父さんもお兄さんも炭鉱夫という環境の12歳の少年ビリーはバレエに出会い、「自分はこれがやりたい!」と思うように。
しかし、バレエなんて女のするもんだ! 町がこんな時にそんなお金のかかること! と、周囲の大人からは理解が得られなくて…
というようなストーリー。

子供と大人、変わり行くものと守り続けたいもの、都会と田舎、芸術と労働、など。
相反する二つのものに対し、どちらが良でどちらが否、というのではなく、平等に愛情と敬意を注いでいると思える脚本がとてもよかったです。
思春期の子供の葛藤と成長を見て、不完全な大人たちもまた成長していくという、少年少女ものの王道なのもよい。
キャストの「芸」もすごいです! 子役からここまでのパワーをもらえるなんて!
音楽はエルトン・ジョン。こちらもよかった。これまで自分がエルトン・ジョンの音楽が好きという意識はなかったんだけど、このミュージカルにおける楽曲はとても好みでした。
ミュージカルっていうと、クラシカルで優雅なイメージが強い人も多いようですが、最近は現代ミュージシャンのロック、ポップ調のものもとても多いです。そして私は、どちらかというとそちらの方が好み。

作中では炭鉱夫たちから、絶対悪のような扱いを受けている、首相のマーガレット・サッチャー。
私は79年生まれなので、私にとっての一番最初のイギリスの首相が彼女ですね。
我が家もそうでしたが、共働き世帯が増え始めた時代だったので、周囲の働く大人の女性たちは、「鉄の女」の異名を持つサッチャーに、多かれ少なかれ憧れを抱いていたように思う。
でも、切り開こうとした人だから、切り捨てようとした人でもあって、彼女を悪として恨んでいる人もいるのですよね。
数年前に亡くなった時、ニュースでサッチャー否定派の人たちが、ミュージカル映画『オズの魔法使』の楽曲の「Ding-Dong! The Witch is Dead」を集まって歌っていたのを見たのですが、これにもすごく感じるものがありました。
竜巻で飛ばされたドロシーの家がオズの国で小人を支配していた魔女の家に落ちて、小人たちが「わーい! 魔女が死んだ!」とドロシーにお礼を言う歌なのです。
それこそどちらが正しくて間違っているとかではないけど、日本は亡くなった人に石を投げるということをしない国なので、「そ、そうか、魔女なのか…」と衝撃でした。

そんな風に、自分が子供だった頃のよその国の空気を感じられる、という意味でも、私にとってすごく触れてよかった作品だったなあと思う。
自身の幼少期が「時代」として描かれて、良質な作品として後世に残っていくのだから、現代エンタメ作家の私も、自分が感じてる「今」をどんどん描けばいいのですよね、描くのがいいんだよね、と思えました。
Img_3c531a3d9ce695741f8fd7451568fe39
写真はカーテンコール後の、ビリー役とマイケル役の子役さんたちのトークショーでの一コマ。
撮影OKだったのですよー。作中のビリージャンプを披露してくれました。携帯カメラ撮影にしては、躍動感がちゃんと撮れたと思う!
広島旅行に行ってきました。

なので、今週のおやつはもっぱら、もみじまんじゅう。
Img_0cb63faaba086e426beba3add0e7d19d
シェアオフィスのお友達と、半分こにして食べ比べしたりもしています。

広島は、高校の修学旅行でも行ったのですが、20年の間にもみじまんじゅうのバリエーションが増えたのかな。
変わり種の具がたくさんあって、面白くて見かける度に買ってました。

Img_869e2b997083ffbfa2ab906271c81b83
Img_e172fb2a1f514d84dd24f433e2178cf6
Img_c70771a0b86dd08c3908bed4ba19814d
チーズクリームに、レモンにいちごジャム。カスタードクリームなんてのは、もはや変わり種でもないんだろうなあ。
宮島で買って現地で食べたものの中には、塩バターなんてのもありました。
宮島とモンサンミッシェルが、共に海に浮かぶ世界遺産なことから友好都市なんだそうで、モンサンミッシェルの塩を使用してるとのことでしたよ。

しかし、広島市内で買った、もみじまんじゅうの種類が描かれている絵ハガキによると、レーズンやらアーモンドやら、もち(!)やら、まだまだ私が好きそうで、今回は巡り会えなかった変わり種がたくさんあるよう。
生地も竹炭とかコーティングチョコとか、黒いものもあるのですねー。
いつかコンプリートしたいですわ。

Img_1c823cdb915b5b0cb1215bb6d780d4b4
販売店の中には、こんな風に製造過程を見せてくれるところもありました。
ガラス越しの写真なので、反射したりして見づらいですが。
Img_0e3396e446c91c3d2f2573c40e5183e4
Img_baf9abdee06796cc215bff5f2ccc8780
工場見学、面白いですよねー。
うちは夫が食品工場を作る仕事をしているので、こういうお店があると必ず足を止めて、長時間見学します。
お店の人からしたら、大の大人がしげしげと、時にニヤニヤしながら眺めている図は、不思議で不気味だろうなあ…。

そう言えば、広島ってもみじまんじゅうが名物なからには、紅葉が多いんですよね?
食べるばっかりで、紅葉鑑賞を全然しなかったな。紅葉の時期ではなかったとはいえ。

また行くことがあったら、今度は紅葉時期に!
紅葉ももみじまんじゅうも堪能します!