名刺を作りました。
Img_3828ece7bc0955727f12a326830eadcd
作家生活12年目にして初めてです。

作らないとなー、作りたいなー、とは、ずっと思っていたんですけどね。
デビューしたての頃は、ずっとこの仕事を続けられるかわからないし…と保留。
しばらく経ってからは、ちょっと思うところがありまして、保留。
ここのところは、作ろう!とは思っていたものの、いざ作るとなると、デザインとか印刷とか、何から何までどうしていいのかわからない…と保留。
結局ずっと保留でした。

そんなある時、シェアオフィスでご一緒している、etsu designのデザイナーの魚谷悦代さんのブログを読んでいたら。
「名刺のデザインも承ります。お気軽にご注文ください」という文と共に、その時に作っていらっしゃった可愛い名刺の画像を発見。
魚谷さんとはオフィスで前後の席なんですが、くるんと後ろを向いて、「気軽に注文させてください!」と申し込み、作ってもらう運びとなりました。

etsu designさんのホームページはこちら。
 (Click!) 

私が希望したのは、かつて友人のイラストレーターのくまあやこさんが描いてくれた、私のイメージキャラクターの猫を入れてください、ということのみ。
この猫、勝手に「キノコ猫」とか「さんぽ猫」って呼んでます。
キノコモチーフが好きでグッズとかあれこれ持っているのと、旅行や散歩好きなので、きっとくまさんはキノコの帽子をかぶって、のしのし歩いている猫(私)を描いてくれたんじゃないかと。
Img_9fba9abfcc195a17e66b022b9ff7f0cd
魚谷さんはこの猫を使って、なんと! 「本に見える名刺」をデザインしてくださいました。
Img_4e1d93627620d154004aa5cef7d23477
見えるでしょー? 
名前がタイトル、肩書きが著者名。
よく見ると、右の方には綴じ代が!
そして下には栞が!

小説家だから、本みたいな名刺。
この発想は絶対に私からは出なくて、うわープロだなー!って感嘆すると共に、言わずもがなですが、とってもとっても嬉しかったです。

「名乗ることは武装すること」
なんて一節を、かつて寺山修司展で目にして、いろいろ考えることがありましたが、
私はかつての本名、現在の筆名の、この名前が幸いとても好きだし、
12年もやっているから、肩書きにももう臆する気持ちはないし、責任感もありますし。
2人の才能ある友人に作ってもらった、このすてきな名刺で(我ながらすてきだと思います)、
これから「名乗って」いきたいなあと思います。

Img_837ee06bb20c0e4c70d5daf2c75a3eb0
先週も更新忘れちゃった、ごめんなさい。
代わりにってこともないですが、旅行記のコーナーを作ってみようと思っています。
北京記から始めるべく、作成中。
日記以外をずっと触っていなかったので、少しまだ時間がかかりそうですが、お待ちください。

今日はこの季節らしく、お花見の話。
仕事帰りに夫と待ち合わせて、大岡川の夜桜を見に行ってきました。
苦手な携帯撮影なので画像が粗いかと思いますが、7、8分咲きってところかな。きれいでしたよ。
川面に映る光と共に、いい風景を作ってました。

Img_de55aac0544020e7c7915e6b5afce021
Img_ae285d42921ae84ee52c26fc14342a2c
夜店もたくさん出ていて、集まっている人たちが、みんな楽しそうでよかったな。
最近よく舞台やコンサートをご一緒してくださる方が言っていた、あ、それいいなあ、と思った言葉。
「こういう遊び(エンタメの鑑賞など)って、来ている人たちがみんな楽しそうなのがいいよね」って。
確かに! だから私も好きなのかも。

去年も、その時は昼間だったけど、同じ場所で夫とお花見をしたのです。
一年前、子宮筋腫の開腹手術のために入院したのですが、お花見は入院前日でね。
どうしたって繊細になってしまう時期だったけど、のんびりお花見散歩をしたら、きっと大丈夫だな、無事に戻って来られるよねって、何だか気楽になったことを覚えています。

Img_2b741f16bae1fd23e72991ab7e960f8f
今年、夜桜の下を屋形船が行くのを見て、あっ!
去年も船を見て、「来年は船から見ようね」って約束したのに、忘れてた…。
「じゃあ来年こそ」って話しながら帰ってきました。
来年の同じ日の楽しみを思うことで、一年をわくわく過ごせるなら、それもまたいいな、と思える。

花見をする人はみんなきっと、去年の今日、あの年の今日、来年の今日に思いを馳せているのでしょうね。
そう思うと、実は私は桜より梅派なんですけど、でも桜もやっぱりいいなあって思う。


Img_d10b23c8bdb33a26ce8e8c47e8ff7cfd
週末の連休で、北京に行ってきました。

行こうかな、と思ってから一週間、準備期間は4日で決行しました。
行けるもんだなあ。

でも今回の反省点。ガイドブック(私は『地球の歩き方』が好きです)は、小まめに買い直しましょう。特にどんどん変化していってる国はね。
6年前にも母とツアー旅行で北京に行っていて、その時に買った『地球の歩き方』があるからこれでいいかと、頼って持って行ったんですが、甘かったです。あれこれ変わっていました。
ここで食べよう!と思っていたお店がなくなっているぐらいはまあいいんですけどね。
この観光地は近くに駅がないからと20分ぐらい歩いたのに、地下鉄の線が増えていて、目的地のすぐ脇に駅があった! とか、
万里の長城に行く鉄道の駅が変わっていて、旧い方の駅に行っちゃったら、そうやって間違えてやってきたお客に「車で連れて行ってあげるよー」って誘うう客引き(超高額!)に、しつこく追いかけられたりしたのは痛かったです。
何事も経験、トラブルも旅のうち、という意味ではそれも楽しみましたけど。

旅の話はおいおい詳しく綴っていきたいと思いますが、今日はまず今回の旅で初めて行ったところの話を。
什刹海という3つの湖が集まっているエリアで、胡同めぐりをしました。
胡同とは細い路地のことだそうです。
什刹海付近の胡同は、伝統的な民家などが残っていて、観光地として有名みたい。

こんな感じです。
Img_3702328c74c18dd935c7c3b39439c03c
Img_f1bd0015e52405c06f22f2f72b88fad7
三輪リキシャに乗って移動し、日本語のできるガイドさんが周辺を案内してくれる2時間ほどのツアーを申し込みました。
なので2枚目は、リキシャの運転手さんの背中越しの風景。
リキシャ、結構びゅんびゅん飛ばすので、風を切って気持ちよかったけど、ベルトも柵もついてないし、ちょっと怖かった。
交通量も多いのに、みんな上手に避け合うなあ、事故らないもんだなあ、と思っていたら、後から歩いてる時に、リキシャ同士で事故ってるのも見ました。
軽くぶつかった程度で、大した事故ではなさそうだったけど。

最初、受付に行くと、ガイドの男性が時間やコースについて説明をしてくれた後、
「ではあのリキシャに乗って、第一地点まで行ってください。後は現地でまた案内します」
と言うので、じゃああなたとはここでサヨナラなのね、現地で別のガイドさんが待っているのね。
と思って、リキシャで第一地点まで行くと、背後からさっきのガイドさんが颯爽と自転車で登場して、「さあ、じゃあ次に行きましょう」と言うから、笑っちゃった。
同じ人だったのね! リキシャの後を、ずっと自転車でついてきてたのね!
Img_e51d324616600538a0c9359d03475576
Img_2aa6a3472c929b83bbc51cebe31968b3
四合院という造りの、旧い民家を見学させてもらいました。
四角い中庭を囲んで、東西南北に四つの棟が存在する、中国の北の方の伝統的家屋だそうです。

写真の庭の、上の柵からは、季節になると杏子や葡萄が実り垂れるそう。
写真を見せてもらったけど、色鮮やかできれいでした。
どちらの季節でもなくて、残念。
実っている時期だと、収穫して、この庭で食べさせてくれるツアーもあるんだって。
楽しそうだー!
Img_df2dd05e5319fe3f77bb2ae78695ccbf
こちらのお宅のご主人は、切り絵作家さん。
部屋には切り絵の作品がいっぱいでした。
これ切り絵なんですよー! すごい!

真ん中の絵は、三国志に出てくる関羽。
「私たち、横浜中華街の近くに住んでて、関羽を祀った関帝廟によく行くよ!」と言ったら、
「そうなんだ! 中国人はみんな関羽が大好きなんだよ!」と、ガイドさんがとても喜んでくれました。
異国の方と、こうやって話が盛り上がるのは楽しいな~

このエリアの観光だけで、まだまだ書きたいことが沢山あるので、来週もきっと書きますね。



先週、日記の更新をしてませんでした。ごめんなさい。

日に日に暖かくなってきてますね。
春を感じに、お花見ドライブに行ってきました。
房総の方へ。

千倉のフラワーロードには、花畑がいっぱい。
海岸沿いの花畑!
Img_2b52a7f11f0cea8c74f4a33939af2709
色とりどりでいいねー!
花摘みもできるようでした。

横浜に住んでいるので、海は見慣れてるんですが、この長閑な感じはまた趣きが違っていいな。
横浜の海岸は、大きな船が着く港なので。

こちらは鴨川の菜の花畑!

Img_19c160f30f347a35a0a9882cbd17dc97
Img_2a2f89420bb230a30ed19fe7a5176fb8
今度は一面黄色!
黄色は普段あまり身に付けない色なんですが、菜の花が好きなので、春になると今年こそ黄色の服を買ってみようかなあって毎年思う。
今年こそ、、!

しかし菜の花畑をてくてく歩いていたら、匂いに刺激されたのか、お腹が減ってきました。
見て良し、食べて良し、ですよねー、菜の花は。
ああ、もう今日の夜は菜の花にしよう。お浸しがいいかしら、マスタード和えもいいな。鮭と炊き込みご飯にするのも、、鶏と煮るのも、、。
と、途中から花を見ながら、食べることばっかり考えちゃってました。
こういうのも、「花より団子」って言いますかね。

そして、帰り道で大渋滞にハマって、この日菜の花を調理するのは、結局叶わなかったんですけどね、、。
でもおいしい季節のうちに、たくさん食べます!
おいしい食材は、調理するのも楽しいから、いいね。
話題の『LA LA LAND』観てきました!
公開初日に観に行っちゃった。
 (Click!) 
Img_447d69d71956d27ea4e9bb25b2511e79
アカデミー賞の発表ではトラブルがあって、なんだか可哀想な感じになっていたけど、
いやーいい映画でしたよ! 
主演女優賞や、監督賞を獲ったのはよかったですね。

ミュージカル映画ですが、歌や踊りばっかりではない、ストーリーもとても丁寧に描かれているので、ミュージカル映画に抵抗がある人でも見やすいと思います。
ただ、そのストーリーが、夢追い人の主人公の男女が出会って恋をして…と、とてもシンプルなものなので、好みは別れるかもしれません。
大きな山場やドキドキの展開!などを求める人には、ちょっと物足りないかも。
私は丁寧に描かれる作品がすごく好きなので、とても楽しめました。

舞台が、去年9月に旅行したばかりのロサンゼルスだったことも、テンションが上がったポイント。
2人が初めてしっかり顔を合わせるジャズハウスは、ハリウッドのこのスター壁画を通り抜けた先にありましたね。
私もこの壁画、見に行った! 
Img_edc51191faf444b8910c8e79775ff62e
チャップリンにマリリン・モンローに、ジェームズ・ディーンに…。
映画スターたちが、映画館の客席に集まってるっていうのが、センスよくていいですよね。
あっ、よく見たら開いた扉の向こう、ロビーにいるのはE.Tかも!
大通りから少し入ったところにあって、写真の通り夜だったので、長い時間この前にいるのが怖くて、ちょっと見て写真を撮ったらすぐに帰ってきてしまったんですよね。
E.Tもいたのか~、もっとゆっくり眺めたかったなー。

『LA LA LAND』のオープニング曲の舞台は、大渋滞の高速道路でしたが、ここもオプショナルツアーの参加で乗りました。
私が行った日はそんなに渋滞してなかったけど、ドライバーさんが確かに「よく渋滞するんですよ。まったく動かなくなるんですよ」って言ってたなあ。

過去に旅した場所が舞台になってる映画やドラマを見るのは楽しいですよ~。
私は逆もよくやります。好きな映画やドラマの舞台の場所に行くの。

『LA LA LAND』、往年のミュージカル映画のオマージュシーンもたくさんで、よかったです。
と言いながら、私が自分で気付いたオマージュは、『雨に唄えば』『シェルブールの雨傘』『ウェストサイド物語』ぐらいだったんだけどね。
後からオマージュを検証しているサイトの動画を見たら、観たことがある映画では他に、『スウィート・チャリティ』や『ムーラン・ルージュ』もあったようです。
観てないのでは、『巴里のアメリカ人』や『バンド・ワゴン』や。
(公式の出してる情報ではないので、正確ではないです)
監督は32歳ととても若いんだけど、きっと子供の頃からミュージカル映画が大好きだったんだろうなー。
過去の作品への敬意と愛情が画面からひしひし伝わってきて、そういう意味でも素敵な映画でした。

日本はミュージカルファン人口がとても少なくて、「ミュージカルって急に歌い出しておかしいじゃん」なんて毛嫌いする人も多いので(私の経験だと、こういう方は大抵食わず嫌いです。一度もミュージカル見たことない)、
『LA LA LAND』、日本でもあっという間に大ヒットだそうなので、これを機にミュージカルファン人口が増えるといいなあ~と切に願います。ミュージカルファンとしては。

本当に素敵だったから、私はもう一回ぐらい観に行くかも!
そしてサントラも買っちゃう!