小田原で、気の早いお花見をしてきました。
梅見、桜見。
梅は曽我梅林、桜は松田町の河津桜です。

敵討ちで有名な曽我兄弟の縁の地の、曽我梅林。広い!
ここに居た時は天気がよくあたたかかったこともあり、広い敷地をゆっくり散歩しながらの梅見は心地よかったです。
 (Click!) 
Img_3737424a09975ba19714640d3bcd1cb1
Img_007b13ced9e59a50a0931a53cce023c0
Img_8e0c90d4936c5ca53ab5a0ba9dff8538
地元の方たちとちょこちょこ交流させてもらえたのも、朗らかな気分に。

小田原在住の友人が駅まで迎えに来てくれて、車で向かったんですが、最初、駐車場の場所がわからなくて。
道で遭遇したお散歩中の保育園児の引率の先生に訊ねたら、後から梅林の特設舞台で、さっきの園児たちが「梅の歌」(確かこんなタイトル)を歌って踊っているのを発見!
舞台を見た後、さっきの先生に「おかげさまで無事に着けました」ってお礼を言ったら、晴れ舞台を終えたばかりの園児たちも、「こんにちはー」「バイバーイ」って笑って話しかけてくれて、かわいらしかったです。
お散歩じゃなくて、舞台出演のための移動だったのね!

車を停める時も、「もっと右!」「もっとバック!」と、頼んだわけじゃないのに、犬の散歩中のおじさんがナビをしてくれて。
車を降りてからお礼を言ったら、「明日だったら流鏑馬をやってて、盛り上がるのに」「明日もおいでよー、楽しいよー」って、にこやかに会話してくれました。

みなさん、この梅まつりに愛着を持っていらっしゃるのね~。
と思って、気分よくなったから、つい甘酒なんてヘラヘラ飲んじゃったわよ。
Img_cbd2d22c8ab19a42eacbebec03be87b2
松田町の河津桜も満開!
河津桜は早咲きっていう知識ぐらいは持っていましたが、2月上旬でこんなに満開とは!
 (Click!) 

Img_c67d3c90d473f0c54a4cb7395a9de272
Img_0ef426bbe65013b9f6e872ca46297da8
Img_46de1c4d21fe02d5b218a412c60cf950
ここに居る時は、日がかげって冬の気温で震えるほどだったんですが、
群生の菜の花も咲いていて、眼下はすっかり春!
不思議な体験ができました。

ところで梅って、サクラに分類されるってご存知でしたか?
私は去年のお花見の頃に夫から聞いて、いやいやいや嘘でしょ、そんなわけないでしょ、梅が桜なんて! と調べてみたら本当でね、びっくりしましたよ。
バラ科サクラ属なんですって。

じゃあ桜はなんなのよ、と調べたら、今度はモモに分類されるって出てきたから、もう何がなんだか。
バラ科モモ亜科スモモ属、なんですって。
スモモまで出てきましたよ。なんか落語のような風合いの、冗談みたいな本当の話。

素人に理解するのは難しいわ、この入り乱れ方は。
でも何科なのか何属なのか、そもそも科や属の概念さえもわかってなくても、梅も桜も美しいから、それでいいのですよ。
理解するのではなくて、感じるのが大事。
これ文系人間の常套句ですが、この日は本当に眼福にあずかったからいいの。

帰りには小田原駅で、曽我兄弟の名前にちなんだ、五郎梅、十郎梅の梅干しを買いました。
眼だけじゃなく、舌もお腹も満たしてもらえて、幸せな一日でした。