週末の連休で、北京に行ってきました。

行こうかな、と思ってから一週間、準備期間は4日で決行しました。
行けるもんだなあ。

でも今回の反省点。ガイドブック(私は『地球の歩き方』が好きです)は、小まめに買い直しましょう。特にどんどん変化していってる国はね。
6年前にも母とツアー旅行で北京に行っていて、その時に買った『地球の歩き方』があるからこれでいいかと、頼って持って行ったんですが、甘かったです。あれこれ変わっていました。
ここで食べよう!と思っていたお店がなくなっているぐらいはまあいいんですけどね。
この観光地は近くに駅がないからと20分ぐらい歩いたのに、地下鉄の線が増えていて、目的地のすぐ脇に駅があった! とか、
万里の長城に行く鉄道の駅が変わっていて、旧い方の駅に行っちゃったら、そうやって間違えてやってきたお客に「車で連れて行ってあげるよー」って誘うう客引き(超高額!)に、しつこく追いかけられたりしたのは痛かったです。
何事も経験、トラブルも旅のうち、という意味ではそれも楽しみましたけど。

旅の話はおいおい詳しく綴っていきたいと思いますが、今日はまず今回の旅で初めて行ったところの話を。
什刹海という3つの湖が集まっているエリアで、胡同めぐりをしました。
胡同とは細い路地のことだそうです。
什刹海付近の胡同は、伝統的な民家などが残っていて、観光地として有名みたい。

こんな感じです。
Img_3702328c74c18dd935c7c3b39439c03c
Img_f1bd0015e52405c06f22f2f72b88fad7
三輪リキシャに乗って移動し、日本語のできるガイドさんが周辺を案内してくれる2時間ほどのツアーを申し込みました。
なので2枚目は、リキシャの運転手さんの背中越しの風景。
リキシャ、結構びゅんびゅん飛ばすので、風を切って気持ちよかったけど、ベルトも柵もついてないし、ちょっと怖かった。
交通量も多いのに、みんな上手に避け合うなあ、事故らないもんだなあ、と思っていたら、後から歩いてる時に、リキシャ同士で事故ってるのも見ました。
軽くぶつかった程度で、大した事故ではなさそうだったけど。

最初、受付に行くと、ガイドの男性が時間やコースについて説明をしてくれた後、
「ではあのリキシャに乗って、第一地点まで行ってください。後は現地でまた案内します」
と言うので、じゃああなたとはここでサヨナラなのね、現地で別のガイドさんが待っているのね。
と思って、リキシャで第一地点まで行くと、背後からさっきのガイドさんが颯爽と自転車で登場して、「さあ、じゃあ次に行きましょう」と言うから、笑っちゃった。
同じ人だったのね! リキシャの後を、ずっと自転車でついてきてたのね!
Img_e51d324616600538a0c9359d03475576
Img_2aa6a3472c929b83bbc51cebe31968b3
四合院という造りの、旧い民家を見学させてもらいました。
四角い中庭を囲んで、東西南北に四つの棟が存在する、中国の北の方の伝統的家屋だそうです。

写真の庭の、上の柵からは、季節になると杏子や葡萄が実り垂れるそう。
写真を見せてもらったけど、色鮮やかできれいでした。
どちらの季節でもなくて、残念。
実っている時期だと、収穫して、この庭で食べさせてくれるツアーもあるんだって。
楽しそうだー!
Img_df2dd05e5319fe3f77bb2ae78695ccbf
こちらのお宅のご主人は、切り絵作家さん。
部屋には切り絵の作品がいっぱいでした。
これ切り絵なんですよー! すごい!

真ん中の絵は、三国志に出てくる関羽。
「私たち、横浜中華街の近くに住んでて、関羽を祀った関帝廟によく行くよ!」と言ったら、
「そうなんだ! 中国人はみんな関羽が大好きなんだよ!」と、ガイドさんがとても喜んでくれました。
異国の方と、こうやって話が盛り上がるのは楽しいな~

このエリアの観光だけで、まだまだ書きたいことが沢山あるので、来週もきっと書きますね。